ギャセラ社(フィンランド)

GASERA Ltd. (Finland)   ガゼラ社(フィンランド)
フィンランドTurku大学の化学・物理学研究員グループが研究開発した高感度の光音響分光法
photoacoustic spectroscopy (PAS) およびフーリエ変換赤外分光法Fourier transform infrared spectroscopy (FTIR)に基づくマルチガス分析装置およびFTIRアクセサリーの商品化により、製造・販売事業を2004年にスタートしました。 従来のPAS法式では検出が難しいとされる領域を超える高感度の特許取得検出センサー技術を誇っています。

 メーカーWEBサイト http://www.gasera.fi 

製品紹介
NEW
GASERA ONE + 多点サンプラー Thermal Manikin Thermal Manikin Thermal Manikin

GASERA ONE 光音響マルチガス分析器 シリーズ

  • 【仕様】
  • 応答時間:ユーザー設定チャンネル積分時間(C.I.T)とガス交換ルーチンに依存。
    通常5秒から数分(モデルに依存)
  • 検出リミット:ガスと光ソースに依存。典型的にsub-ppbからsub-ppm
  • ダイナミックレンジ:典型的には5桁の大きさ(i.e.検出リミットの100,000倍)
  • 再現性:校正濃度での動作条件において計測値の 1% 以下
  • 精度:構成濃度における校正ガス濃度によって制限される。典型的には 2-5%
  • 温度安定性:動作温度範囲内で周辺温度が変化しても不安定を引き起こさない
  • 圧力安定性:圧力範囲内のサンプルガス圧力変化は不安定を引き起こさない
  • 【アプリケーション例】
  • 畜産(畜舎の空気品質モニタリング)
  • 国境警備(違法物質・爆薬の発見)
  • 貨物コンテナの安全性
  • フェンスモニタリング
  • 屋内空気の品質および労働安全性(VOCのリアルモニタリング)
  • 船舶排出ガスモニタリング
  • 土壌分析
  • 余剰麻薬ガス(WAG)
  • 低濃度のFormaldehyde(1ppb未満)を連続モニタリング
  • シールドハウジング蒸発量測定(SHED)
PA201 光音響検出器


| ページTOPへ |